History

aboutus1-001 aboutus1-002-1 aboutus1-003 aboutus1-004 aboutus1-005
         
動物の経営方法は3分布に別納する。

1.ショー部分、野生の動物の地面だ、この区域は野生の動物を看護させている。動物の檻は各形自然にかき合わせた。旅人は動物に近く歩くことはできます。このへんは鹿でいっぱです、大きいな鳥檻があります。ほかの動物たちがあります。ここの面積は大体1,000平方ライです。

2.教育と研究区域だ、この地域は広くて動物の住宅です。もとの土地を守って,どこかを開発された。動物の住宅と動物の料理地域を作った、研究に対して役に立つ。珍しい動物と絶滅寸前動物を研究したり、繁殖しています。例えばコウノ鳥・ペリカン さらに動物の生活を練習された、自然に戻って計画があり、この地域に植物を研究します。面積約3,500ライです。この地域は他の人が立ち入り禁止です。

3.サービス地域、ショウ地域と研究地域以外に全体は旅行地域です。くつろい場所を準備しておいて、露天レストラン・貯水池・植物研究地域・公民館などがあります。面積は500ライです。現在はカオキャン動物園の住所は235ムー7、バンプラ区域、チーラチャー、チョンブリ県、所属はキングの機関、自然環境省が監督する。この動物園には 250科 3,000頭以上の動物がおり、さらにくつろい場所と動物教育された町に近くです。パッタヤーとバンーセンの中でこの動物園は有名な動物園です。

カオキャー動物園は25年 設立しました、昔はバンコクでヅシット動物園の動物たちはいっぱいだから、その余計な動物カオキャー動物園に移住した、カオキャー動物園は政府に支持を得ていた。委員会と職員一同と他の機関皆 はできるだけこの動物園を支持した。25年動物園を開発続けて、皆はこの動物園を誇りとしている。支援して続けるべきです。

人間と動物長い関係がありました、過去で4000年前に証言で人は動物を知りました、あの時は主な目的は戦争使うやトーテム使うや動物ショーなどを使います。特別にアジア大陸例えばインド、中国良く動物の労働を使っていた、動物は人の生活することに関係がある、動物園は昔動物の檻は小さいであるいは村の間にサーカス団移動した、あとで少しずつ面積を広がる、使用人は長い間苦労を共にしてできた。複雑な経営があった。

カオキャー動物園は25年 施行した、主目的は良い心証のタイ動物園を大衆化するつもりです。

目的の動物園を設立します。

1.動物自然保護のために設立された、国のために 自然と環境バランスをさせます。

2. いろいろな役に立つ例えば動物の教育・見学・戸外の活動 人民・学生の心を開発して、大切な自然環境保護を悟る。

3.カオキャー動物園は開発するつもりです、人民に遊園地自慢をする。